新年度のご挨拶

投稿日: カテゴリー: 園長のことば

藤幼稚園の皆さん、ご入園、ご進級おめでとうございます。

新しく仲間になったお友だち、こんにちは。「幼稚園ってどんなところかな。お母さんと離れて大丈夫かな…。」と、ドキドキしながらお家の人に手を引かれて登園してきたことでしょう。皆さんと一緒に幼稚園で過ごすことを、先生達も進級したお友達も楽しみに待っていました。これからみんなでたくさん遊び、笑い合いながら一緒に大きくなりましょうね。

新型コロナウィルスが猛威を振るい、世界中が緊急事態を迎える中、新年度がスタートしました。いつもとは違う始まりに不安や緊張が続きますが、緊急事態宣言が出されている地域がある中で、こうして園を再開し、お子さん達の笑顔が戻ってくることに感謝しております。

この緊急事態により、誰もがお仕事、学校、家庭生活…様々な面で、窮屈で不便な思いをしたり、身近な人の健康を心配したり等、多くの影響を受けていることと思います。

同時に、今まで当たり前のように生活できたこと一つ一つに有り難さを感じ、自分ができること、しなければならないことを考え、守るべきものを大切にしていこうという気持ちも育っているのではないでしょうか。大人だけでなく、小さな子ども達にも、その年齢なりにできることをがあることを伝え、一緒にこの事態を乗り越えていきたいです。

そして、あらためて命の尊さ、大切さをこの幼児期に知って欲しいと思っています。

今年度もお子さん、保護者の皆様にいつも笑顔が溢れ、安心していただける幼稚園であるように、職員一同取り組んで参りたいと思っております。皆様の一層のご理解・ご協力をよろしくお願い致します。

園長 泉川 由利子

一年間ありがとうございました

投稿日: カテゴリー: 園長のことば

ドキドキわくわくしながら入園、進級を迎えた4月からあっという間に一年が経ち、修了の日となりました。

お子さん達は、園生活の中でお友達や先生と遊び、触れ合い、時には泣いたりぶつかったりしながら「他者を信頼し、好きになること」「協力し合うこと」を学びました。また、できないことにも挑戦し、失敗や成功の体験を重ねながら「自立」し、「明るく生き生きと生活する」ようになりました。そして、毎日の祈りや神様のお話を通して、自分のことだけでなく、周りの人たちの幸せ、平和を願うようになりました。

大好きだった年長さんが卒園し、寂しい気持ち、別れを惜しむ気持ちの芽生えと同時に、年長さんの優しい心、思いやりを引き継ぎ、今度は自分が年下の子に与えられるようになっていくことと思います。

一年間、様々な面でご協力いただき温かく支えて下さいましたことに心より感謝申し上げます。これからも子ども達、そしてご家族の皆様に神様からの豊かなお恵みがありますように、お祈り申し上げます。

来年度の藤幼稚園もどうぞよろしくお願い致します。

認定こども園 倶知安藤幼稚園 園長 泉川 由利子

               教職員一同

投稿日: カテゴリー: 園長のことば

2月17日~19日に行われた「ふじオリンピック」。お忙しい中、ご参観いただきましてありがとうございました。当日の朝、「緊張する!」「楽しみ。」「失敗するかも…。」等、子ども達の反応は様々でしたが、いざ本番が始まると各種目に挑む一人ひとりの表情はやる気に満ち、きらきらと輝いて見えました。

コンピューター、ゲーム等魅力のある物が多くなり、運動に中々気持ちの向かない子どもが増えている、という情報も耳にします。藤幼稚園で月に2~3回行っている体育指導は、与えられた種目をこなすことだけがねらいではなく、友達やコーチ、先生と一緒に活動する中で「運動って楽しい。」「体を動かすと気持ちいい。」と感じることや、仲間を応援する気持ちや友達の頑張りを認める心を育むこともねらいとしています。今回のふじオリンピックの中で、沢山の「○○ちゃんがんばれ~!!」「すごいね。」という子ども達の声が聞こえ、それぞれの心の成長も垣間見えました。

56年ぶりに東京、札幌で開催されるオリンピック。幼少期に良い刺激や影響を受け、素敵な大人へと成長していく姿が楽しみです。

3月。それぞれの子供たちが旅立ちの時期を迎えます。大好きな仲間との別れを惜しみながらも、新しい出会いやこれから始まる生活に希望を持ち、進学、進級に向けて意欲的に過ごして欲しいと思っています。

園長 泉川 由利子

投稿日: カテゴリー: 園長のことば

冬休みの預かり保育、子ども達は、思い思いに室内遊びを楽しんでいました。「園長先生、ちょっと来て!!」と、女児からの声。行ってみると、「いらっしゃいませ~。」と、肩からケープを掛けられ、美容院ごっこが始まりました。「今日はどの髪型にしますか?」「お化粧もできますよ。」と丁寧な接客をされ、楽しい気分になって職員室へ戻りました。又、別の日はメニュー表をドアに貼ってお寿司屋さんごっこ。子ども達は、ごっこ遊びが大好きです。大人のしていることをよく観察し、憧れて真似します。そして想像力を働かせ、より楽しい遊びに発展させるのです。

最近、「将来なくなる仕事」「消える職業」などの記事やニュースをよく目にするようになりました。人工知能AIの発達により、ロボットや機械にとって代わられようとしている職業の中には、「レストランのホール係」「販売員」「運転手」等も挙げられており、私の頭の中に真っ先に浮かんだのは、ごっこ遊びをする子ども達の姿でした。20~30年後の子ども達のごっこ遊びはどのようなものなのでしょう?それが機械的で暗いものではなく、AIと人間が遊びの中に共存し、子どもが憧れて真似ている素敵な世界であって欲しいと願います。

短い3学期が始まります。進級・進学に向けた活動が多くなり、その中でまたお子さんの成長が見られることでしょう。毎日一緒に過ごしてきた友だちとの時間を大切にしながら、残り少ない日々を楽しんで欲しいと思っております。

園長 泉川 由利子

投稿日: カテゴリー: 園長のことば

初雪が降った日の朝、子ども達は、嬉しそうに登園して来ました。「せんせい、きょうながぐつはいてきた!」「あたらしいてぶくろだよ。」「ゆきだるまつくりたいな…。」

除雪や冬物の出し入れ、冬道の大変さ等、すぐに面倒なことが頭に浮かんでしまう大人とは正反対に、空から降ってくる白い雪は、子ども達にとって季節限定のお楽しみなのでしょう。

みんながワクワクして迎えたその日、玄関でお母さんと離れられず泣いている男の子がいました。理由を聞いても「つかれた。ねむい。」とだけ言ってしばらく動きません。「そんな日もあるよね。」と声を掛けながら保育室へ促し、支度を終えてホールに行くと、途端にその子の表情が変わり、サッカーをして遊んでいるいつものメンバーの中に当然のように加わり、笑顔で遊ぶ姿が見られました。いつも仲良く遊んでいる友だちの中に居場所を見つけ拠り所としていることを感じ、安心してその場を離れました。

クリスマスの時期を迎えました。子ども達は、劇やオペレッタの練習に張り切って取り組み、また、待降節のお約束を守ろうと毎日頑張っています。「ありがとうの気持ち」「優しい心」がイエス様に届き、そして、家族や友達がいなくどこにも居場所やこころの拠り所がない世界中の人たちのために小さな自分ができることを考え、祈ることができますように。

ご家庭では、クリスマスお祝い会の準備や見守り、そしてクリスマス献金へのご協力をお願い致します。

~皆さんで一緒にクリスマスをお祝いいたしましょう。~

園長 泉川 由利子