園長のことば

毎日のありがとう

今年の夏は、例年と比べ日照時間が少ないと言われておりましたが、7月は気温の高い日も続き、園でも砂場遊びや水遊びなど、夏ならではの活動を楽しむことができました。また、グラウンドの畑にはジャガイモやカボチャの花がきれいに咲き、大根やとうもろこしの葉や茎も青々と育っています。朝の自由遊びの時間に各学年で植えた植物に水やりをしたり、クラスの時間に観察日記をつけたりなど、その成長に興味を持ち、収穫を楽しみにしている子ども達の様子が見られます。

先日、園バスに添乗した時のこと、ある子が運転手さんに向かって「毎日バスに乗せてくれてありがとう!」と、言って帰りのバスに乗り込んできました。またある子は、廊下のモップ掛けをしていた時、「いつもお掃除してくれてありがとう。」そしてまたある子は、給食を運んでいくと、「今日も給食運んでくれてありがとう。」と、言ってくれました。毎日のことは、していくうちにだんだんとそれが当たり前のようになってきて、ありがたさや感謝の気持ちを忘れてしまいがちです。「毎日、いつも、今日も…」という何気ない一言ですが、子ども達からの気持ちが嬉しく、それに習いたいと思わせてくれる言葉でした。

明日から夏休みに入ります。一学期は休園、行事変更をはじめ様々なご理解・ご協力をいただき誠にありがとうございました。コロナ禍で行動が制限され、例年とは違ったお休みを過ごされる方も多いことと思います。先が見えず不安定な状態が続きますが、子ども達、そしてご家族の皆様が心身ともに健やかに夏休みを過ごされますよう願っております。

園長 泉川由利子